カメラの買取に付属品は必要か

カメラ1

もう使わなくなったカメラを買取に出したい場合、あるいは所有しているカメラを売りに出して新しいカメラの購入資金にしたい場合など、カメラを高く買取りに出したいケースは往々にしてあります。では、カメラの付属品は買取に必要なのでしょうか。

また、必要だとして、どのようなことに気をつけていれば良いのでしょうか。

箱はあったほうが断然得

高額なカメラやブランド・メーカーが販売しているカメラほど、箱やその他付属品の価値は重要になります。カメラをコレクション品として見る人も多く、コレクションとしての価値はやはり完品で成立するためです。もしも箱を所有しているのなら、必ずカメラ本体と一緒に買取りに出すことで、査定額が減額されないよう対策を取りましょう。

買取店によっては、最低でも箱がなければ買取に応じないとしているケースも少なくありません。そのため、箱の有無は買取に大きな影響を及ぼし、最悪の場合買取の成立まで左右しかねないのです。もう一つ、カメラだけで買取に出されると、買取店の手間が増えてしまうため買取を拒否されるケースもあります。

例えば、買い取ったカメラを改めて店頭に並べる場合、傷がつかないよう梱包しなければなりません。買取に応じたカメラの量次第では、梱包にかかる手間もどんどん増大していきますし、買取店としてはそうした手間はなるべく避けたいところです。

また、カメラを持ち込まれる機会の多い買取店では、箱のないカメラは後回しにされることすらあります。買取に時間がかかっては大変なので、なるべく箱を用意しておくことを検討しましょう。

説明書はほぼ必須

デジタルカメラは特に多機能であることが多く、その機能を解説した取扱説明書は用意しておかなければ査定に響く可能性があります。特に発売されて間もないカメラは、どのボタンがどういった機能を持っているのか簡単には理解できないことも多く、取扱説明書がない中手探りで使用方法を探っていくのは大変です。

買取店から見ても、取扱説明書のないカメラは売れ行きが悪くなることが多く、買取にも消極的になってしまいます。また、箱に取り扱い方法が書かれていることも多く、その意味でも箱は付属品として高い価値を持つことになります。

より詳細な取り扱い方法は取扱説明書に記載されているとしても、簡単な説明だけでも記されている箱の存在は大きく、査定額を大きく左右しかねないのです。

充電器も用意しておく

デジタルカメラの場合、充電器も必ず一緒に査定に出しておきたい付属品です。買取店によっては、充電器を取扱説明書と同じくらい重要視しているケースもあり、その重要性は無視できないでしょう。カメラの充電器は同梱されていたカメラ専用であることも多く、買取店が所有しているバッテリーだけでカバーできるとは限りません。

せっかく買い取ったのに、別途充電器を取り寄せてまた店頭に並べ無くてはならない、となっては買取店側の負担が増えてしまうのです。また、充電器はその場で動作確認を行う目的でも必要不可欠な存在です。動作確認中に充電が切れてしまっては査定もできないため、買取が保留になっても致し方ありません。

買取に時間がかかるのは面倒ですし、その意味でも充電器も一緒に査定に持ち込むことでスムーズな買取ができるようにしておきましょう。

三脚やアクセサリーの買取も

買取店にもよりますが、カメラに必要な三脚や高額なアクセサリーの買い取りも行っていることがあります。カメラ本体の査定額に影響するものではありませんが、場合によっては買取ボーナスが付与されるなど何かとお得なので、必要がない場合は一緒に査定してもらいましょう。

ただし、買取に対応しているブランドが限定されている場合もあるので、全ての三脚やアクセサリーが買い取ってもらえるとは限りません。買い取ってもらえる条件を確認した後に、持ち込む三脚やアクセサリーを決定すると良いでしょう。

これら付属品に共通しているのは、単体で買い取ってもらえる可能性もあることです。箱や取扱説明書はカメラとほぼワンセットになっていますが、三脚やアクセサリーは単体で需要があるため、カメラはまだ所有しておきたいけど三脚だけ処分してしまいたい、という場面に効果的なのです。

中でも、交換レンズは需要が高く、単体でありながらカメラに負けず劣らず高額査定が期待できます。交換レンズを収納棚に眠らせている方は、この機会に思い切って買取りに出してみると良いでしょう。

付属品をより高く買い取ってもらうために

カメラ本体だけでなく、付属品の価値を高めるためには、やはり清潔な環境下で保管する必要があります。ホコリまみれだったり、シミが付着していたりする場合は大幅に価値が下がる可能性があるので、収納スペースにしっかりと保管し綺麗な状態を保つようにしましょう。

特に箱の状態は重要で、所々がよれてしまっていたり、雑に箱を空けることで破れてしまったりする可能性があります。丁寧に取り扱いながら、一度開封したらあとは触れないくらいの気持ちで保管すると良いでしょう。

ネットで買取相場を見てみる

もしカメラの価値を調べたくなったら、インターネットから検索する方法がおすすめです。ネットオークションから個人間のやり取りに至るまで、たくさんの買取履歴がネット上に残されていますし、大まかな買取額を把握できるでしょう。

特に、付属品の有無によってどれくらいの差額が生まれるのかを確認しておけば、付属品の価値がどれくらいかが実感できるはずです。付属品があってもそれほど価値に変動がない場合は無理に用意する必要がありませんし、限定モデルカメラなど付属品の有無で大きく左右される場合は是が非でも付属品を調達したいところです。

また、買取相場を確認しておくことで、査定額が適正かどうかを判断できます。何も知らない状態で買取店に持ち込んでも、その査定額が正しいかどうかを判断することができません。最悪の場合、適正価格に全く届いていないのに買取を済ませてしまった、と後悔するケースも考えられるため注意しましょう。

さらに、買取額を正しく確認したい場合は、製造番号を控えておくと便利です。目当てのカメラ買取情報を見つけやすくなりますし、カメラを複数台所有している方はカメラと付属品の組み合わせ間違いを未然に防ぐことができます。